バンコク放浪~タイLCC世界一のドンムアン空港を攻略~ | グローバルリーダープロダクション

バンコク放浪~タイLCC世界一のドンムアン空港を攻略~

どうも、KT@フレームシフトリサーチャー

CCCCのタチノオカコウジです。

 

今日はビジネスにはあまり関係ない、備忘録的な日記になりそうです。

ですが、

もしあなたが初めてタイに行く場合は少しはお役に立てるように

LCC空港として世界一利用客が多いドンムアン空港についてシェアします・・・

 

マカオからエアアジアを使って片道9000円でバンコク・ドンムアン空港に入国。

全くバーツを持っていなかったので、

空港内で両替しようとしたが、財布をひらくと

日本円1万円札しか入っていないことに気づく。

 

ここで、1万円分を両替してはレートが悪い。

こういう時は、千円札は忘れずに持っておくことです。

 

そこで、香港ドルが100ドルあったので、

ひとまず390バーツと両替した。

これで市街地にはなんとかいけるだろう。

 

イミグレを抜けて、移動する前にボクがまずやるこは現地のSIMを手に入れること。

ドンムアン空港にも1ヶ所だけ売っているとネット情報でリサーチしていたので

⇒ http://www.kankeri02.com/DonMueang

売店を見つけることができた。国際線から出ると少し離れるが出て一番左側にある。

写真

 

旅行者に人気の「dtac Happy Tourist sim NO NEED TO TOP UP」という

1週間データ通信が無制限+100バーツ分の電話ができるSIMがあり

IMG_1184

値段を聞くと、499バーツと言われた。

定価は299バーツなのに、空港だと200バーツ上乗せされる。

持ち金が足りないではないか。

 

結局1万円札を両替しないとアカンやんと、両替所を探し歩いた時

そこに目に入ったのがATMだ。

そうだ。HSBCから引き出せばいいことに気がついた。

 

引き出すことはカジ ノの時にマカオではあっても、

その他の国で引き出したことがなかったので、

世界中どこでも引き出せることの恩恵を初めて味わった感じがした

500バーツから引き出し可能だったので、ひとまず500バーツを引き出す。

後からわかったが、引き出すのに10%の手数料がかかるので、

預金口座から550バーツ引き落とされたことになる。

10%の手数料は結構かかると思うが、空港で数万円両替するよりははるかに安い。

 

さっそく、SIMを手に入れ、設定はお店の人が一瞬でやってくれた。

グーグルマップを片手に、市バスののりばに向かった。

写真 (1)

タクシーを使ってもいいのだが、

ボクは見知らぬ地に入ると

ローカルの人、町並みにふれあいたいと思うので

最短距離を行くタクシーを使わず

バスで市街地まで行くことにした。

 

バスはタイ語を話せないと、なかなか乗りこなすことは難しいが、

行き先の地名さえ通じればなんとかなる。

 

ホテルをとったナナという街にホントは行きたかったが、

言葉が通じず、結局空港から一番近い、BTSという電車の駅まで行くことに。

 

バス代はなんと20バーツ(約60円)空港から30分位は走ったのに。

そこからBTSに乗ってナナ駅で降りた。

 

駅には両替ができる銀行がたくさんある。

そこで、数万円両替したがもちろん空港のレートよりいい。

 

そこからグーグルマップがフルに活躍する。

駅近のホテルをとったつもりだが、

初めての場所もあって15分は歩いただろう。

しかし全く迷うこともなく無事チェックインできた。

 

部屋は十分に広く、キッチンや大きな冷蔵庫まである。

レジデンススタイルのホテルをとったことに気づいた。

IMG_1235

小さいがバルコニーもあり、

となりのレジデンスの敷地のようだが中庭がいい感じに落ち着く。

IMG_1174

PCをWI-FIにつなげて、いつもの作業をしたあと・・・

さてバンコクで何するか?

明日以降のプランが全く思い描けない。

 

何なんだろう。無気力感がハンパない。

ひとまず、ホテルから歩いて行ける距離に

ナナプラザという大人の遊び場があるということは

事前に情報をリサーチしていたから、

今夜はそこに行ってみることにした・・・

 

 

 

 

 

 

「脱フレーム!脱習慣!脱カルチャー!脱日本!」

by KT@フレームシフトリサーチャー

毎年タダで世界一周する方法は⇒ https://ktfsr.info/atw/

非日常の時間を手に入れるメルマガ購読は⇒ http://atrillion.ccc-c.net/c/3274/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました