Amazon沈没 | グローバルリーダープロダクション

Amazon沈没

どうもKT@フレームシフトリサーチャー

タチノオカコウジです。

昨日のハナキンは、ヒヤヒヤでしたが、

無事10万円程獲得できました

証拠⇒ http://atrillion.ccc-c.net/c/3577/

KTオプションライブメールを受信している方は

1ヶ月間の運用お疲れ様でした。

これで“20万円稼がせます企画”は27万円を越したので、

終了になります。

またこんな企画を作ったら、お知らせします。

 
前回の記事のKTLL戦略のところが非常に納得言ったと

メンバーから返信をたくさんもらいました。

好評なので、もう一度振り返りましょうか・・・


1.ゲーミング投 資(オンラインカジノやブックメーカー)
2.PPCアフィリエイト
3.せどり、転売
4.ブログアフィリ、サイトアフィリ
5.SNS、ブログ連動メルマガアフィリ
6.情報販売
7.金 融 投 資
8.不 動 産 投 資
ここから、順番通りに好きなやつだけやって

月収10~30万のビジネスを複数(3~5)持ちましょうっていうのが

ボクの戦略です。

ちなみに、これ、1番を除いては全部夢リタで教われます。
(7.8.は個別対応になると思いますが。1.もボクなら対応します。)

そして、1.7.8のビジネスは生涯廃らないノウハウって言うのが存在します

例えばこれですね⇒ http://atrillion.ccc-c.net/c/3703/
だからっちゃぁなんですが、

2~6のビジネスって最新ノウハウの情報を常に仕入れ(リサーチし)ていかないと

廃れちゃうわけで、夢リタのような学校とかが存在するし、

延々と新しいノウハウ教材がでてくるわけです。

 

ちなみに、コピーライティングは2~6(特に4.5.6)のビジネスには、

必要不可欠で、身につければ一生涯役に立つノウハウです。

 
で、前回紹介した

3の⇒ http://atrillion.ccc-c.net/c/3579/

ですが、まだ数年間は廃れないノウハウになります。

なぜなら集客が安定されているからです。

そして、販売する商品が実物なので、信用があるからです。

 

 

また前回せどり転売しているか、どうかのアンケートをとりましたが

やっている人が2割、やっていない人が5割、やめた人が3割でした。

ボクはここで、やってない人に伝えたいなと思います。

ボクも1年前まで、全くヤル気ゼロでした。

検品、梱包、発送の作業が、どうもインターネットビジネスではないと

思ったからです。

 
しかし、ここで⇒ http://atrillion.ccc-c.net/c/3580/

扱っている転売ビジネスは極端にその作業を効率化し

ネットビジネス特有のレバレッジをかけれます。

同じものを数点しか見つけられない中古品(本、CD、ゲームソフトやコレクターグッズ)や

量販店などのワゴンセールをうろうろして見つける特価品など

正直言って効率悪すぎでしょ。

 

 

実践されている人がいると思うので、これ以上何も言いませんが、

ボクの考える転売ビジネスは完全な仕組み化、自動化を目指すべきだと思っています。

しかし、ライバルと同じことをしていても

毎回毎回改善が必要になってしまい、自動化とは言えなくなってしまいます。

 

 

だから、どうせやるなら最初から

これを⇒ http://atrillion.ccc-c.net/c/3581/

やればいいんです。

せどり転売は止めたって人も、

もし、アマゾンのアカウントを開設していたり、

ちょっとした仕入れ、出荷の手配などを知っていたりすると

かなりアドバンテージを得ながら進められるので、

再挑戦することをおススメします。

 

 

この戦略は、PPCアフィリ、サイトアフィリなどと

共通するものがあります。

一度築き上れば、完全不労とまでは言いませんが、

アマゾンが沈没しない限り、ほぼ不労所得的な収入をあられます。

 
もし、この転売ビジネスを⇒ http://atrillion.ccc-c.net/c/3582/

やってみようと決意したあなたには

ボクがサポートする特典をつけましたのでご活用ください。

2番目の特典はスカイプでしますね。

 

 

では、よい週末を!

 

 

自動化の転売ビジネスに興味がわいたら「いいね!」いただけると幸いです。

 

「脱フレーム!脱習慣!脱カルチャー!脱日本!」by KT@フレームシフトリサーチャー
非日常の時間を手に入れるメルマガ購読は⇒ http://atrillion.ccc-c.net/c/3274/

amzn-amazon-stock-logo

コメント

タイトルとURLをコピーしました