エルニドのアイランドホッピングとは?ツアーA徹底完全解説 | グローバルリーダープロダクション

エルニドのアイランドホッピングとは?ツアーA徹底完全解説

翌朝、ホテルでブレックファーストをとったあと
アイランドホッピングのスタッフを待ちます。

ここでワンポイントアドバイスですが、、、


エルニドは虫(ハエや蚊)が多いです。
屋外、レストラン、ホテルの部屋の中でも
至るところで虫に刺されました。
フィリピンではこういうのがよく売られているので
使うことをおすすめします。

GC IRL Products

虫よけスプレーやローション、
もしくはかゆみ止めクリームを
持っていくことをおすすめしておきます。

それでは、お待ちかねのアイランドホッピングの時間です。
エルニドにはツアーA,B,C,Dの4つのコースが用意されているようです。
行先は固定(基本5か所、Cは6か所のため1400ぺソと少し高い)されており、
下記マップの地域に分かれます。

el-nido-tour-map-copy

今回私はツアーAを選びました。
ド定番で、一番人気と言われています。

あと、Small LagoonとBig Lagoonでは
カヤックのレンタル(2~3人乗り300ペソ、4人乗り500ペソ)があり、
それに乗って岩山の間をくぐり抜けたかったわけです。

ホテルロビーに8時~8時半に
迎えに来てくれる約束でしたが、
8時20分ころにちゃんと迎えに来てくれました。
トォクトォクにのって連れていかれた先は
ビーチ沿いにある(旅行代理店のような)事務所で
ここで、入島料として200ペソ払う必要があります。
1度払うと10日間有効のようです。

そして、ビーチに停まっている
ボートに案内され、
全員がそろうまでしばし待機です。

参加者がそろうと、ボートが出発。
ライフジャケットとシュノーケリングセットを渡されます。
参加者はアルゼンチン人、オランダ人、フィリピン人(大多数)、
そして私たち日本人の合計22名でした。。

ガイドはフィリピン人ですが、
欧米人対応に慣れているのか
きれいな英語を話してくれます。

最初に訪れたのは7 Commandos Beachです。

7commando

ここはエルニドから離れ小島ではなく、
エルニド港からぐるっと回って行ける場所。

確かに海も砂も綺麗ですよ。
でも、他のツアー客のボートが
岸にずらっと並ぶのでいまいちまったりできない。。。
でも一発目としてはいいんじゃないかなと思いました。

次に訪れるのは本来ならSecret Lagoon、
そしてSimizu Islandでランチなんですが、
他の客が多いのか、混雑を避けるため
私たちのボートは別ルートをとることに。

向かった先は、ツアーAの最大の見せ場である
Small Lagoonです。

躊躇なくカヤックをレンタルし、
一度も漕いだ経験がないのに、
興奮状態でグイグイ進んでいきます。

small-lagoon

カヤック1台しか、通り抜けできないくらいの
小さな岩穴を抜けると、そこには
フィリピン最後の秘境と言われるだけの
絶壁に囲まれた小さなパラダイスが確かにありました。
漕ぐのを止めて、深呼吸しながら
カヤックに寝そべったひとときはたまりません。

1498994349354

ボートにもどると、ランチが用意されており、
船上バーベキュー大会がスタートです。

El Nido Island Hopping Binibini Travels Goaldigger

普段がっつくフィリピン人が多いのですが、
思ったより、みんな食べない。
私ひとりで結構な量をいただいちゃいました。
飲み物はコーラが用意されていましたが、
ビールが飲みたい場合は、
カヤックに乗った売り子が水上販売してくれます。
缶ビール1本70ペソでした。
アイスクリーム1つ80ペソだったかな。

カヤックレンタルは一体どこでできるのか?
最初は疑問に思うかもしれませんが、
業者がボートに何十台もカヤックをつないで
港から引っ張ってきています。
そして、レンタルしたいお客さんのボートところに、
1台ずつ渡す感じです。
アイランドホッピング会社とは
全く別の業者が貸しに来ていると思ってもらえればと。

ランチを終えて、次なる目的地は
Secret Lagoonです。

前かがみになって人ひとりしか通り抜けできない岩穴を
通り抜けた先にそれがあります。

Secret Lagoon El Nido, Palawan

ボートから降りたあと少しは泳ぎますが
その後岩の上を歩いていかないといけないので、
このようなマリンシューズを履くことをおすすめします。

私はSecret Lagoonより、その先にある岸辺の
その奥にある大木に何か神聖さを感じました。

次にSimizu Islandでシュノーケリングタイムです。

確かに今までセブで見てきた数々のシュノーケリングより
水が透明でサンゴもニモもたくさんいて綺麗すぎです!

Zebra fish near the beach of Shimizu Island.  El Nido.

ここを味わうと他のシュノーケリングができないかもしれません。
ただ、私史上最高のシュノーケリングポイントは沖縄なんですよね。。。

さぁ、最後のハイライト
エルニドの象徴的存在のBig Lagoonです。

ガイドブックなどの写真でみる風景が目の前に。
ここでもカヤックを即レンタルして
大きなLagoonを周りました。

こうして、約6時間のアイランドホッピングを終え
街に帰ってきました。

船上で知り合った参加者達は連絡先を交換したり。
みんなたくさん写真を撮って、写真を送りあったり。

街は小さいので、後日歩いてると
アイランドホッピングで同席した人と出会ったり。

ほのぼのとした出会いがあります。

最後に、写真では最後の楽園と言うのが全く伝わらないので
最後にツアーAの全体像がわかる動画をご覧ください。
そして、実際に体験してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました